【豆知識】死ぬほどどうでもいい動物達の生態

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

動物

『ペンギン』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2

ペンギンは陸上では極度近眼状態。


ペンギンの眼は水中に適した構造の為、地上ではとても目が悪い。

『ペンギン』の死ぬほどどうでもいい豆知識part1

ペンギンのは意外と長い。

それだけ。 

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part3

鳥だけとは限らない

ハトやスズメなど

相手を
殺傷するほどの攻撃力持たない

同種の動物同士

喧嘩をしても攻撃を止めるルール持たない。


自然界ならまだ良いが、もしそれが鳥かごなどの狭い空間の中だったら
酷い時は背中の皮を剥ぐなどしてもやめないらしい。 

『カンガルー』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2

カンガルーは後ろに跳ぶことができない。


カンガルーが生息するオーストラリアには
天敵がいなく、カンガルーは警戒をする必要がない為に
後ろに跳ぶ(進む)能力は完全に退化したらしい。


ちなみに「敵に後ろを見せる事など有り得ない!」という心意気を表す為に
オーストラリア海軍ではカンガルーをシンボルマークとしている。

『カンガルー』の死ぬほどどうでもいい豆知識part1

カンガルーの袋の中は、とてつもなく臭い。

 
カンガルーの赤ちゃんは袋の中でそのままウンこやオシッコをする為
排泄物まみれになる。
だが、お母さんカンガルーが定期的に舐めとることで
最低限な清潔さは守られている。
だけど、臭いものは臭い。 

『馬』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4

ポニーの違いは大きい小さいか。
 
肩までの高さが147cm以下の馬を

ポニー
と呼んでいるだけ。
 
よって、148cmはただの小さい馬。



マキバオーはポニー。 

『馬』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2


ウマの眼球哺乳類の中でもっとも大きい



ちなみに眼球のサイズはウマにもよるが
奥行き44mm、縦横が48mmそして重量が100gある。
(人間の眼球の重さは約7g) 
そして、ウマの目は単眼視といい、左右で別々のモノを見ることができる。 
続きを読む

『豚』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4


ブタは時速
30~40km走る

ウサイン・ボルトよりも
速い



ブタ=のろまだなんて思わない方がいい。
世界中のブタと呼ばれた者達よ。
ブタに誇りを持て。

ただ、犬や猫などに様々な種類がいるように
すべてのブタがこの速さで走るわけではないことには注意。 

『羊』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4

 
羊には
わき毛がある。
どうでもいいけどアプリ化!
当サイトがアプリになりました! Google playにて、 "どうでもいいね"で検索!
スポンサードリンク
気になる動物をなんとなくリクエストしてみる

気になる動物の種類がいたら、リクエストしてみよう!

名前
本文
最新コメント
お問合せ
お問い合わせはこちらまで