【豆知識】死ぬほどどうでもいい動物達の生態

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

豆知識

『ナマケモノ』の死ぬほどどうでもいい豆知識part3

ナマケモノは捕食され絶命する寸前

完全に
生きることを諦める。

全身の力を抜いて痛みを和らげるらしい。
人生諦めるタイミングも大切かもしれない。


『ナマケモノ』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2

ナマケモノ動かないではなく

動けないが正しい

木にしがみついてるんじゃなくて、爪をひっかけてるだけ。
風で飛んで木に引っかかったビニール袋と同じ。

『ナマケモノ』の死ぬほどどうでもいい豆知識part1

おっとりとした表情をしているのは

ただ単に顔面に筋肉がないから。


表情筋がなく、だるんだるん。
笑うことすらできない。

『犬』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4


雄犬
左利き

雌犬には右利きが多い。



ちなみに猫は基本的に左利きが多いらしい。
猫の方が芸術派なのかもしれない。 

少数だが、両利きも存在する。

『犬』の死ぬほどどうでもいい豆知識part3


犬用コンタクトレンズ存在する。

作っている会社は
株式会社メニワン



コンタクトレンズを落としてめっちゃ必死に探す犬なんてみたくない。 
もし、コンタクトレンズを探している犬が居たら一緒に探してあげよう。 

『馬』の死ぬほどどうでもいい豆知識part6


馬の年齢歯の本数

すり減り方で調べることができる。


歯は2年に2本ずつ増え、歯はだんだんすり減っていく。

『羊』の死ぬほどどうでもいい豆知識part6


羊の前歯下側しか

生えてこない。



可愛い口元の裏側はとんだ不細工が隠れている。
想像してみよう。下の前歯しか生えてない自分の顔を。
とっても醜いだろう?
羊全員そんなんだぜ? 

『パンダ』の死ぬほどどうでもいい豆知識part6


昔、
パンダウマの仲間

だと思われていた。


まぁたしかに、パンダの足と口を長くして、毛も短くしてスリムして
ヒヒーンとでも鳴かしたら馬に見えるかもね。
結局、言いたいことは馬要素どこなのよってこと。 

『牛』の死ぬほどどうでもいい豆知識part5


は序列などを作らず

平等な社会を築く



食べられる牛の未来は暗いかもしれないけど、
野生の牛は常にストレスのない素晴らしい生活を確立しているのかもしれない。 
ストレスで押しつぶされそうな毎日なんて牛にはないのだろう。

 

『牛』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4


8km先ニオイ嗅ぎ取ることができる。

"隣の晩御飯"ならぬ、"8km先の晩御飯"もできるってわけだ。


ウシ「なんてことでしょう!!8km先の晩御飯は牛丼です!!」
なんてこともあるかもしれない。

 

『牛』の死ぬほどどうでもいい豆知識part3


苦しんでいる仲間


悲しそうにしている仲間がいたら

そっと寄り添ってあげる。



僕らの足りないなにかを牛達は持っているのかもしれない。
ちなみに、そっと寄り添うってところがポイント。 

『牛』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2



野生の牛
一日の半分横たわって

のんびり過ごす


のんびりってところがポイント。
ぜひ来世は野生の牛を狙ってみよう。
 
野生の牛ってところがポイント。
どうでもいいけどアプリ化!
当サイトがアプリになりました! Google playにて、 "どうでもいいね"で検索!
スポンサードリンク
気になる動物をなんとなくリクエストしてみる

気になる動物の種類がいたら、リクエストしてみよう!

名前
本文
最新コメント
お問合せ
お問い合わせはこちらまで