【豆知識】死ぬほどどうでもいい動物達の生態

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

全く知らなくてもいい動物達の生態。 この先の人生でちっとも役に立たない豆知識をあなたに。

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part6

世界一番危険ヒクイドリ

こいつが繰り出すキックは馬でさえ一撃で殺してしまう

スーパーキックだ。

足には12cmもの凶悪な爪があり

内臓を
簡単に引きずりだしてしまう。


好物は果実。 

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part5

鳥類は全体3%しかペニス持っていない。


ちなみに鳥の交尾はうんこが出る穴と同じ"総排出口"というところをくっつけて性行為を行う。
余談だが、鳥はうんことおしっこを同時にする。(同じ穴から出す) 

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part4

スズメが常にさえずり続けることに

これと言った
理由特にない。


身体が小さい為、絶えずエネルギーが溢れてきて、それをその場でさえずりで消費して...の連続。
それだけ。
たまにコミュニケーションをとる為に鳴くことはある。
だが、それも、有り余ったエネルギーの消費の為にすぎない。 
スズメを見かけた時は「今日もエネルギーを垂れ流してるな。」 
と思うと、日常がちょっと楽しい。 

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part3

鳥だけとは限らない

ハトやスズメなど

相手を
殺傷するほどの攻撃力持たない

同種の動物同士

喧嘩をしても攻撃を止めるルール持たない。


自然界ならまだ良いが、もしそれが鳥かごなどの狭い空間の中だったら
酷い時は背中の皮を剥ぐなどしてもやめないらしい。 

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part2

ハトは上向きにすると動かなくなる。


理由としては
普段の生活で仰向けになることがない為、いざ仰向けにされると
ハトにとってはその非常事態にどう対応すればいいのかがわからず固まってしまうらしい。
人間でいうと、すれ違い様にゲロをかけられた時に一瞬どうすればいいのかわからなくなるのと一緒。

『鳥』の死ぬほどどうでもいい豆知識part1

スズメの喧嘩は結構激しい。


クチバシで噛んだり突いたり、足で蹴っ飛ばしたり相手が逃げるまで攻撃をし続ける 。
どうでもいいけどアプリ化!
当サイトがアプリになりました! Google playにて、 "どうでもいいね"で検索!
スポンサードリンク
気になる動物をなんとなくリクエストしてみる

気になる動物の種類がいたら、リクエストしてみよう!

名前
本文
最新コメント
お問合せ
お問い合わせはこちらまで