カバは水中にいる時間は長いが

泳ぐことがほとんどできない。

水中を移動する時は、基本的水底を歩いている。


体の密度が水よりわずかに大きく、体が水に沈むため、水底を歩くことができる。
また、水面に出て呼吸をする際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。