南極にいるペンギンは

本当のペンギンではない。




「何言ってんだこいつ?やめちまえ!」と思うかもしれない。
本当のペンギンは北極にいたのだ。
北極にいたオオウミガラス(日本名)という生物を本物のペンギンと呼び
その後、南極で見つかった生物がペンギンに似ていることから
ペンギンと呼ぶようになった。 
ちなみに北極にいたとされるオオウミガラスは絶滅している。