牛の鳴き声地域ごと

なまりがある。


「も~」もよく聞いてみると奥が深いのかもしれない。